私の野球人生思い出に残った試合 ベスト7

戸羽 亮

① 高校生の時、クラス対抗試合が毎年あり、1年生から3年生まで、私が監督・主将としてクラスを3年間準優勝した事。優勝した相手チームは、3年間、親友の斉藤君のチームでした。

② 11才で野球を始め(小学4年)、中学に入学するとすぐ野球部に入りました。今まで一度も勝ったことのない小友中が、私が入って、あれよあれよと決勝まで進み、初優勝した事。勿論、私は補欠でした。

③ 私が53才の時、日野市の小学生の監督になり、今まで優勝したことのないチームを3年間優勝し、都大会に子どもたちを連れて行った事。その時の投手は私の息子です。

④ 私が東京都立大塚病院に勤務し、豊島区の官公庁野球大会に参加し、監督として初優勝した事。相手は豊島区役所。オークスの五井さんが豊島区電電公社の投手で、準決勝の相手でした。

⑤ 日野オークスに59才で入部し、5代目監督としてずーっと勝てなかったチームを4部で優勝、3部、2部でも優勝した事。

⑥ 日野オークスが東還連の代表として、川崎市長杯に参加し、初参加で初優勝した事。その時の監督は伊藤さん、投手は沢田さんです。

⑦ 私が20代の頃、陸前高田市の代表として県大会に出場した事。その時、私はライトで7番でした。2回戦で負けました。